みなさまこんにちは。

今日も読んでくださってありがとうございます。

前回の話のつづきです。

 

本編

 

あとがき

全身の痛みと高熱を緩和させるために強い薬を入れていたお義母さん。

お見舞いに行っても、9割は寝ているか、起きていても苦しそうで…

お話も難しい中、それでも力を振り絞って笑ってくれた、優しい言葉をかけてくれたお義母さんの

言葉と姿を絶対に忘れません。

 

「頑張ってなんとか治ってほしい」と「もう無理しなくていいんですよ」がせめぎあい…

なんて声掛けしたらいいかわからず、ずっと手を握って、、言葉が出ませんでした。

 

そして緊急入院してから、わずか10日で…

お義母さんは旅立たれました。

 

この日の前日に危篤と呼び出されており、その日は持ち越したのですが

翌日も危ないかもと思い私と夫は病院近くのホテルに泊まっていたので、

最後のお別れをすることができました。

 

おかあさん、本当にありがとうございました。また会いましょうね。

おかあさんは目を見て頷いてくれました。