人生は楽しい~momoの激しく時に穏やかな日常~

いつもどこでも何かしらやらかしてます。 恥と失敗にまみれた人生ですが、ネタにしちゃえばオールオッケー! どんな状況もポジティブに楽しむわたしの日常絵日記です。

2019/01

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。30最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ近所の友達に付いてやってきた文化祭で、アニメ系のイラスト看板に目をとめたわたし。  ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。30

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

近所の友達に付いてやってきた文化祭で、

アニメ系のイラスト看板に目をとめたわたし。

 

あとがき

「小学生?」と聞いてきたこの先輩のことをわたしは絶対に責められません。

なぜかというと、わたしもこの先輩を見て

「ギャルっぽいひとだな。タイプが合わないな」

と決めつけていたからです。

いや、もっと言うと「話通じなさそう」「怖い」くらい感じてしまっていました。

まぎれもなく偏見です。

今までわたしが出会ったギャルっぽい子はみんなそうだったんです。

でも、この先輩は、なにかちがうなぁと感じました。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは!今日もブログに足を運んでくださってありがとうございます。ついに30話になりました!!今まで続き物書いたことなかったし書けないと思ってたけどこうして続けられるのは読んでくださる方がいらっしゃるからです。ありがたいです・・・。前の話⇒自分の ...

みなさまこんにちは!

今日もブログに足を運んでくださってありがとうございます。

ついに30話になりました!!

今まで続き物書いたことなかったし書けないと思ってたけど

こうして続けられるのは読んでくださる方がいらっしゃるからです。

ありがたいです・・・。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。29

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

近所に住む友人に誘われてとある高校の文化祭にやってきたわたし。

その生徒たちのにぎやかさに呆気にとられた。

 

あとがき

以前、嫌なことがあると家で泣きながらマンガを描いたと書きましたが、

学校では決してマンガは描きませんでした。

だって笑われるんですもん。「変な絵描いてる」って言われるんですもん。

キャラクターっぽい絵とか、ディズニーの絵を描いたりはしました。

でも、本当に描きたい絵・・・アニメやマンガの絵は学校では描きませんでした。

 

なのでこの看板にはビックリしました。

「そんな堂々と描いちゃって大丈夫なの?」

とドキっとしたんです。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは~!今日もブログを読んでくださりありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。28はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編  あとがき 「いろんな人がいる」「うるさい」この2つがわたしがこの高校に対して感じた第一印象でした ...

みなさまこんにちは~!

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。28

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

 

あとがき

 

「いろんな人がいる」

「うるさい」

この2つがわたしがこの高校に対して感じた第一印象でした。

 

とにかく、やかましさにビックリしました!!(笑)

いや、中学でもうるさい子はいたけど、なんていうかみんながうるさくて!!(笑)

 

偏差値が高い高校だというのは事前に調べて知っていたので、

このひとたちが本当に頭良いの?!!?とビックリしました(失礼の極み)

 

ふふ…なんだか懐かしい(^ω^)

つづきます。

 

みなさまこんにちは!!今日もブログに来てくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。27最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編 あとがきやっと明るくなってきた!!描いててうれしい\(T▽T)/笑ここまで読んでくれているみなさん! ...

みなさまこんにちは!!

今日もブログに来てくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。27

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

あとがき

やっと明るくなってきた!!

描いててうれしい\(T▽T)/笑

ここまで読んでくれているみなさん!ありがとうございます!!

わたし・・・幸せになります!!!!!(大胆予告)

 

さて、このとき高校の文化祭に誘ってくれた友達には本当に本当に感謝です。

今もこのブログを読んでいることでしょう(笑)

君がいなかったら今の自分は確実にいないだろうと思うよ。

どうなってたんだろうね?

想像すると一緒に見たホラー映画の「予言」「感染」並にこわいよ!

深い意味なんて一切なくお母さんかなんかに「ももちゃんも誘ってあげなさいよ」って言われたとか

そんなことだろうと思うけどいいんだそんなことは。(笑)

 

高校見学に何度も何度も付き合ってくれた母にも大感謝!!

10校くらい見たよね?!もっと見たかな?!

めっちゃ疲れたよね~。でもおかげで納得いく選択ができたよ。ありがとう。

 

つづきます。

 

こんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。26最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ学校も家も部活も居辛さのある日々。そんな中で自由帳にヘタクソなマンガを描くことだけがわたし ...

こんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。26

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

学校も家も部活も居辛さのある日々。

そんな中で自由帳にヘタクソなマンガを描くことだけがわたしの心の支えだった。

 

あとがき

 

ついに!部活引退★です!!

サラ~っと書きましたが、ほんとうにほんとうに色々色々あって、

部活に属した2年半くらい、今思うとたった2年半なのに、10年にも20年にも感じました。

今、10億円あげるからこのときに戻ってと言われても戻りたくない(笑)

 

ひとつ、お話の中で表現できなかったことを書きます。

部活は本当に本当に苦痛だったのですが、部活のチームメイトの中には優しい子、良い子もいました。

仲間外れのわたしに気を遣って一緒に遊ぼうと言ってくれた子もいました。

チームメイトの家で一緒にゲームをしたり、映画を観たこともありました。

だから部活に入ったこと、そこであったことすべてが最悪だったとは思いません。

良い出会いもありました。

でも・・・良いこと10に対して嫌なことが500くらいあって、当時のわたしは

良いことも良いこととして受け取れませんでした。そんな余裕が無かったんです。

バスケが上手かったら、容姿が良かったら、会話が上手だったら、自分に自信があったら

バスケ部もきっととても楽しかったんでしょう。

友達の優しさを素直に受け取れたでしょう。

 

でもそんなの、わたしじゃないですよね(笑)

 

バスケも下手。チビで身なりに気を遣わない。口下手。自信なし。

そんなわたしが、よくもまあ引退まで続けられたなあと思います。

今でも「あのとき辞めてりゃ~よかったな」と思うのですが、

つらい、嫌だと思いながらもなんとかかんとか自分を奮い立たせた経験が

今に繋がってるのかもしれないですね。

とりあえず、よくがんばった。当時のわたし。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。25はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ家でも学校でも部活でも居場所がなく、息苦しかった日々。あとがき今でも「絵があって ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。25

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

家でも学校でも部活でも居場所がなく、

息苦しかった日々。

あとがき

今でも「絵があって良かったな」と感じることが多々ありますが、

わたしがいちばん絵に救われたのは、このときでした。

 

鬱々とした気持ちをちょっとだけ解放できる。

絵に集中している間は自分の世界を独り占めできる。

わたしの絵の中でわたしはなんにでもなれる。

 

絵がなかったら、わたしはきっと孤独感で潰れてしまっていたと思います。

面白くも上手くもないマンガですが、このマンガを描きつづけることでなんとか日々を凌いでいました。

あれからじゅう何年・・・このマンガは今も実家の押入れに大事にしまっています。

今読んでもほんとにヒッドイ出来なのですが、咲知ちゃんのようになりたかったのになれなかった当時の自分の葛藤が詰まっているので、いつまでも捨てられません・・( ´ω` )

 

心の支えになるような好きなものがあるって本当に大切だなあと身に染みて思います。

 

つづきます。

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。24はじめから⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ部活では後輩に陰口を言われる日々。週5日の部活が本当に憂鬱だった。 あとがきはい、暗い ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。24

はじめから⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

部活では後輩に陰口を言われる日々。

週5日の部活が本当に憂鬱だった。

 

あとがき

はい、暗いですね~~~・・・すみません。

でも!ここが最暗ポイントです!

①で、この話を書こうと思ったきっかけについて、下記のように書きました。

わたしが一番伝えたいことは

「今どんなに自分や自分の人生が嫌でも、変われるかもしれないよ」

ってことなので、あえてネガティブ表現にしました。

この、「今どんなに自分や自分の人生が嫌でも」の部分、これがまさにこのときです。

 

どこにも居場所がない。なにをしてても楽しくない。

 

このときのわたしがどうやって起きてご飯を食べて学校へ行って勉強をして部活をして帰っていたのか…

正直、あんまり覚えていないんです。

おそらく、闇歴史すぎて、防衛本能が働き脳から抹消されたのだと思います(笑)

だから自分が発言したことや態度も思い出せないことが多いのですが、親にはつめたく当たってしまった気がします。

自分の精神状態が不安定だと、人にも優しくできないと思うので仕方なかったちゃしかたなかったのですが、悪いことをしたなぁと思います。

心配もたくさんかけたよね。

親不孝者だなぁ~~・・・。

 

ここから、少しずつ少しずつ変わっていきます。

最後まで見守ってくださるとうれしいです!

 

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。23はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編 あとがき 今思い返しても胃がキュっとなるっ!(TωT)自分に運動のセンスが無さすぎたのも悪いんです ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。23

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

あとがき

 

今思い返しても胃がキュっとなるっ!(TωT)

自分に運動のセンスが無さすぎたのも悪いんですが、バスケ部にいる子ってまた気が強い子が多いんですよね。

ミスったときの「はぁ~~~・・・(呆)」「はい、さいしょからー(苦笑)」の雰囲気。本当につらかった。

まあ気持ちはわからなくもないですけどね。

わたしのミスのせいで、楽しいゲーム(試合みたいな練習メニュー)をやる時間がどんどん短くなるんですもん。

そらー溜息つきたくもなりますよね。(でもやっちゃダメよ←どないやねん)

嫌々言いながらずっと部活にいたわたしがバカでした(;▽;)

今タイムスリップしてこのときの自分に会えたら、「スパッと辞めちゃいな。」って言いたいです。

当時のわたしは、辞める勇気がありませんでした…。

 

つづきます。

みなさまこんにちは!!あけましておめでとうございます~~。正月投稿はまた別個でさせていただきますが、予告していた通り、今日からシリーズの更新を再開しますー!!あとちょっとだけ暗い展開が続きます!( ;∀;)わたしと一緒にご辛抱ください…!! 前の話⇒自分の人 ...

みなさまこんにちは!!

あけましておめでとうございます~~。

正月投稿はまた別個でさせていただきますが、

予告していた通り、今日からシリーズの更新を再開しますー!!

あとちょっとだけ暗い展開が続きます!( ;∀;)

わたしと一緒にご辛抱ください…!!

 

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。22

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

あとがき

 

後輩はメッ・・・チャクチャ気が強かったです。

チームメイトからは、技術面に関して笑われたり言及されることはなかったのですが、

後輩はとにかく言葉の暴力がすごかった!!

同級生よりも、後輩のほうがぜんぜんこわかったです(T▽T)

しかもその内容が的を射ているもんだから、わたしもなんにも言い返せないんですよねー。

先生やチームメイトに「後輩から下手って言われます」なんてさすがに言えなかったですし、

(今思うと言えば良かったって思うけどね)

このときが一番部活がつらかったです。

 

つづきます。