人生は楽しい~momoの激しく時に穏やかな日常~

いつもどこでも何かしらやらかしてます。 恥と失敗にまみれた人生ですが、ネタにしちゃえばオールオッケー! どんな状況もポジティブに楽しむわたしの日常絵日記です。

カテゴリ:過去話 > 自分の人生が嫌いでした。

こんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。20最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編 あとがき今回は絵が少なめでごめんなさい;;最後のコマでわたしのメンタルがちょっとずつ強くなってることがわかる ...

こんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。20

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

あとがき

今回は絵が少なめでごめんなさい;;

最後のコマでわたしのメンタルがちょっとずつ強くなってることがわかるかと思います・・・

そう!小学校の頃から鍛えられていた(?)おかげで、つまらない嫌がらせに対してかなりドライに対応することができました。

むしろ「だいじょうぶ~?」って気にかけてもらえるのが嬉しくて「もっといじめてくれてもいいんだぜ」くらいに思ってました。(笑)(だから先生にもあえてチクってませんでした)

わたしも自分に価値が無いって思ってたんで、話しかけてくれる、気にかけてもらえるきっかけを探していたんです。

いま考えると悲しい理由だな~と思いますが、当時の自分が満足してたならそれでいいでしょう・・・。

 

この優しい子たちと仲良くなれれば良かったのですが、ほんとうに話下手すぎて気まずくなっちゃったりして、そうするとわたしも申し訳なく感じて・・・

結局うまくいかなかったです。

 

つづきます。

 

こんにちは~!今日もブログに足を運んでくださりありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。21はじめから読む⇒こちらからはじめから読めます 本編ちょっとだけあらすじクラスの女子から嫌がらせを受けていたわたしだったが、優しいクラスメートから気にかけ ...

こんにちは~!

今日もブログに足を運んでくださりありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。21

はじめから読む⇒こちらからはじめから読めます

 

本編

ちょっとだけあらすじ

クラスの女子から嫌がらせを受けていたわたしだったが、

優しいクラスメートから気にかけてもらえたこともあり、そこまで精神的ダメージは負っていなかった。

 

あとがき

怪我して嬉しいってヤベーなって今でもおもいます/(’▽’)\

でもほんとに部活がきつかった!!!!!

「続けていればうまくなるだろう」って思って入ったはいいものの、やっぱり自分は圧倒的に運動センスがないようです。(幼稚園のとき絵ばっか描いてたのがやっぱり悪かったのかな~~~わからないけど、、)

あっという間に未経験の子にも抜かされて一番下手でした(T▽T)

練習のメニューで「みんなで○回連続達成するまで終われない」とかあると本当地獄でした。

自分の番で連続切っちゃったりすると罪悪感で死にそうなんです!!

練習も嫌い、試合も大っ嫌いでした。笑

 

今考えるとなんで辞めなかったんだろうって思うんですが、

辞めた後自分の価値がどこまでも下がってしまうようでこわかったんです…

日常生活でカースト底辺なのは身に染みて感じていたのですが、

「それでもわたしは女バス(=カースト上位集団)に属してはいる」って自分を納得させてたのかもしれないですね。

 

つづきます。

 

今年最後のブログです!みなさま、本年は大変お世話になり、ほんとうにありがとうございました! 2018年は…ほんとうにスペシャルな1年でした!!2017年は、住む場所や働く場所が「変」わった節目の年でした。今年は結婚やインスタ、ブログなど新しい風がたくさん吹いて、そ ...

今年最後のブログです!

みなさま、本年は大変お世話になり、ほんとうにありがとうございました!

 

2018年は…

ほんとうにスペシャルな1年でした!!

2017年は、住む場所や働く場所が「変」わった節目の年でした。

今年は結婚やインスタ、ブログなど新しい風がたくさん吹いて、その中でいろいろなかたからの深い愛を感じた幸せな年でした。

インスタでわたしをフォローしてくださっているかたは、わたしに面白さを求めてくださっているかたが多いと思うので、暗い話は受け入れられないんじゃないかと正直不安に感じる思いもあったのですが、

いまなにかつらいことがあって、この先希望が見えない、というかたが少しでも前向きな気持ちになってくださったら嬉しいなあという気持ちで今の嫌いでしたシリーズを始めることにしました。

 

今の段階ではまだまだ暗い展開ばかりなのですが、

ブログやインスタのDMであたたかい感想をくださる方の多さにびっくりしてます、、、!!

 

 

みなさまほんっっとうにやさしくあたたかい方々ばかりで、

こんなに幸せでいいのかな?!と日々思いながら楽しく過ごせました。

ハチャメチャにハッピーな年でした。

ほんとうにほんとうにありがとうございます。

 

年末年始で日本中がハッピーに染まる中で暗い更新するのもアレなので、自分の人生が嫌いでしたシリーズはお正月明けの4日から再開したいとおもいます!

ぜひぜひ最後までお付き合いいただけますと嬉しいです(^_^)

 

写真でふりかえる2018年

 

さて!

せっかく枚数制限なしのブログなので、今年たのしかったことベスト3を写真で振り返っていきたいとおもいますよ〜!!

第3位!

夏休みに行った瀬戸内島巡り旅〜!!

友達とふたりで、倉敷→直島→豊島→小豆島とめぐりました。

どの島も特有の魅力がありながらも、ゆるりと流れる時間、どこにいても聴こえる波の音、穏やかに暮らす島の人たちのあたたかさなどすばらしい共通点もあり、ほんとうに楽しかったです。

↑謎の写真のチョイス

第2位!

ハネムーンで行ったバリ旅行〜!!

いつも海外旅行に行くときは、あそこもいきたいこれもしたいでドタバタになってしまうのですが、今回ばかりは思う存分ぐーたらしよう!!と決めてリッチなヴィラでのんっっびりしました!!

普段絶対に泊まらないようなすてきな場所に泊まれて、ほんとうに幸せだったー!!

↑プライベートガーデンからの景色@ウブド

こんな優雅な写真とってますが実はこのときタロスケがいきなり入ってしまった仕事の対応に追われていて、ひまだったのでひとりでタイマーセットして自撮りしまくってたときの写真です(笑)

 

結局近隣の島に行きたくなっちゃったりして半分は外に出ていたけど、海外でのんびりするって経験が全然なかったので新鮮でした!

お出かけやハネムーンフォト、寺院めぐりに付き合ってくれたタロスケにも感謝でした(^o^)

 

最終日、夕日を見ながら現実に戻りたくなさすぎてちょっと泣きました(笑)

また絶対行きたいな!バリほんといいところだった!!

ちなみに泊まったヴィラは

・ロイヤルピタマハ(ウブド・3泊)

・サマヤスミニャック(スミニャック・3泊)

でした。

どちらも本当に良いところだったので、旅行先検討されてるかたには全力オススメします!!

決して安くはないけども、お値段以上の価値がありました!!

 

そして

第1位!!!!

 

やっぱり

結婚式ーーーー!!!!

 

前撮りでは、旦那のお母様が結婚式でお召しになったすてきな振袖を着させていただき、(旦那が着てるのはおじいさまのもの)ほんとうにしあわせで、、

(成人式で振袖着なかったので初振袖でした!うれしかったなあ)

 

結婚式ではたくさんの方々に囲まれてたくさんお祝いしてもらえて、わたしたちは本当に恵まれているんだなと痛感しました。

実は結婚式やらなくてもいいかなーと思っていたのですが、親族の希望がありじゃあやるかーくらいの気持ちでやってみたら楽しくてたのしくて!!

心からやって良かったと思いました!!

ちなみにこのカラードレスは、試着1回目でタロ母の強いオススメをいただき即決したのですが、めちゃくちゃ気に入ってます!!

タロ母さまのセンス!!!!ほんとうにありがとうございました!!

 

当日は親しい人たちが一同に会しているようすに不思議な気持ちがありつつ、たくさんのひとたちからおめでとうをいただいたり、スタッフさんの連携のすばらしさに度肝を抜かれたり、装花のかわいさが期待以上で感激したり、サークルの友達がサプライズで作ってくれたDVDに感動したり、そこに旦那が映っていてさらに感動したりで

忘れられないすばらしい1日になりました。

 

こうして改めて振り返るとやっぱり2018年はすごくハッピーだったなあ。

生まれてきてよかった、、、(壮大)

 

というわけで、楽しことばっかりだった1年。

どれもこれもまわりで支えてくれる家族や友人、フォロワーさまがいなければ為し得なかったことです。

本当に感謝しております。

仲良くさせていただいている相互さんとも励ましあったりコラボ企画ができたりでほんとうに嬉しかった!!

インスタを通じてすばらしい方々と繋がれたことがわたしの財産です(^o^)

来年も楽しいことをたくさん一緒にしましょう!

 

ではみなみなさま、ほんとうに1年ありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

よいお年をお迎えください!

みなさまこんにちは!!あけましておめでとうございます~~。正月投稿はまた別個でさせていただきますが、予告していた通り、今日からシリーズの更新を再開しますー!!あとちょっとだけ暗い展開が続きます!( ;∀;)わたしと一緒にご辛抱ください…!! 前の話⇒自分の人 ...

みなさまこんにちは!!

あけましておめでとうございます~~。

正月投稿はまた別個でさせていただきますが、

予告していた通り、今日からシリーズの更新を再開しますー!!

あとちょっとだけ暗い展開が続きます!( ;∀;)

わたしと一緒にご辛抱ください…!!

 

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。22

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

あとがき

 

後輩はメッ・・・チャクチャ気が強かったです。

チームメイトからは、技術面に関して笑われたり言及されることはなかったのですが、

後輩はとにかく言葉の暴力がすごかった!!

同級生よりも、後輩のほうがぜんぜんこわかったです(T▽T)

しかもその内容が的を射ているもんだから、わたしもなんにも言い返せないんですよねー。

先生やチームメイトに「後輩から下手って言われます」なんてさすがに言えなかったですし、

(今思うと言えば良かったって思うけどね)

このときが一番部活がつらかったです。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。23はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編 あとがき 今思い返しても胃がキュっとなるっ!(TωT)自分に運動のセンスが無さすぎたのも悪いんです ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださり、ありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。23

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

あとがき

 

今思い返しても胃がキュっとなるっ!(TωT)

自分に運動のセンスが無さすぎたのも悪いんですが、バスケ部にいる子ってまた気が強い子が多いんですよね。

ミスったときの「はぁ~~~・・・(呆)」「はい、さいしょからー(苦笑)」の雰囲気。本当につらかった。

まあ気持ちはわからなくもないですけどね。

わたしのミスのせいで、楽しいゲーム(試合みたいな練習メニュー)をやる時間がどんどん短くなるんですもん。

そらー溜息つきたくもなりますよね。(でもやっちゃダメよ←どないやねん)

嫌々言いながらずっと部活にいたわたしがバカでした(;▽;)

今タイムスリップしてこのときの自分に会えたら、「スパッと辞めちゃいな。」って言いたいです。

当時のわたしは、辞める勇気がありませんでした…。

 

つづきます。

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。24はじめから⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ部活では後輩に陰口を言われる日々。週5日の部活が本当に憂鬱だった。 あとがきはい、暗い ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。24

はじめから⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

部活では後輩に陰口を言われる日々。

週5日の部活が本当に憂鬱だった。

 

あとがき

はい、暗いですね~~~・・・すみません。

でも!ここが最暗ポイントです!

①で、この話を書こうと思ったきっかけについて、下記のように書きました。

わたしが一番伝えたいことは

「今どんなに自分や自分の人生が嫌でも、変われるかもしれないよ」

ってことなので、あえてネガティブ表現にしました。

この、「今どんなに自分や自分の人生が嫌でも」の部分、これがまさにこのときです。

 

どこにも居場所がない。なにをしてても楽しくない。

 

このときのわたしがどうやって起きてご飯を食べて学校へ行って勉強をして部活をして帰っていたのか…

正直、あんまり覚えていないんです。

おそらく、闇歴史すぎて、防衛本能が働き脳から抹消されたのだと思います(笑)

だから自分が発言したことや態度も思い出せないことが多いのですが、親にはつめたく当たってしまった気がします。

自分の精神状態が不安定だと、人にも優しくできないと思うので仕方なかったちゃしかたなかったのですが、悪いことをしたなぁと思います。

心配もたくさんかけたよね。

親不孝者だなぁ~~・・・。

 

ここから、少しずつ少しずつ変わっていきます。

最後まで見守ってくださるとうれしいです!

 

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。25はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ家でも学校でも部活でも居場所がなく、息苦しかった日々。あとがき今でも「絵があって ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。25

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

家でも学校でも部活でも居場所がなく、

息苦しかった日々。

あとがき

今でも「絵があって良かったな」と感じることが多々ありますが、

わたしがいちばん絵に救われたのは、このときでした。

 

鬱々とした気持ちをちょっとだけ解放できる。

絵に集中している間は自分の世界を独り占めできる。

わたしの絵の中でわたしはなんにでもなれる。

 

絵がなかったら、わたしはきっと孤独感で潰れてしまっていたと思います。

面白くも上手くもないマンガですが、このマンガを描きつづけることでなんとか日々を凌いでいました。

あれからじゅう何年・・・このマンガは今も実家の押入れに大事にしまっています。

今読んでもほんとにヒッドイ出来なのですが、咲知ちゃんのようになりたかったのになれなかった当時の自分の葛藤が詰まっているので、いつまでも捨てられません・・( ´ω` )

 

心の支えになるような好きなものがあるって本当に大切だなあと身に染みて思います。

 

つづきます。

こんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。26最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ学校も家も部活も居辛さのある日々。そんな中で自由帳にヘタクソなマンガを描くことだけがわたし ...

こんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。26

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

学校も家も部活も居辛さのある日々。

そんな中で自由帳にヘタクソなマンガを描くことだけがわたしの心の支えだった。

 

あとがき

 

ついに!部活引退★です!!

サラ~っと書きましたが、ほんとうにほんとうに色々色々あって、

部活に属した2年半くらい、今思うとたった2年半なのに、10年にも20年にも感じました。

今、10億円あげるからこのときに戻ってと言われても戻りたくない(笑)

 

ひとつ、お話の中で表現できなかったことを書きます。

部活は本当に本当に苦痛だったのですが、部活のチームメイトの中には優しい子、良い子もいました。

仲間外れのわたしに気を遣って一緒に遊ぼうと言ってくれた子もいました。

チームメイトの家で一緒にゲームをしたり、映画を観たこともありました。

だから部活に入ったこと、そこであったことすべてが最悪だったとは思いません。

良い出会いもありました。

でも・・・良いこと10に対して嫌なことが500くらいあって、当時のわたしは

良いことも良いこととして受け取れませんでした。そんな余裕が無かったんです。

バスケが上手かったら、容姿が良かったら、会話が上手だったら、自分に自信があったら

バスケ部もきっととても楽しかったんでしょう。

友達の優しさを素直に受け取れたでしょう。

 

でもそんなの、わたしじゃないですよね(笑)

 

バスケも下手。チビで身なりに気を遣わない。口下手。自信なし。

そんなわたしが、よくもまあ引退まで続けられたなあと思います。

今でも「あのとき辞めてりゃ~よかったな」と思うのですが、

つらい、嫌だと思いながらもなんとかかんとか自分を奮い立たせた経験が

今に繋がってるのかもしれないですね。

とりあえず、よくがんばった。当時のわたし。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは!!今日もブログに来てくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。27最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編 あとがきやっと明るくなってきた!!描いててうれしい\(T▽T)/笑ここまで読んでくれているみなさん! ...

みなさまこんにちは!!

今日もブログに来てくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。27

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

あとがき

やっと明るくなってきた!!

描いててうれしい\(T▽T)/笑

ここまで読んでくれているみなさん!ありがとうございます!!

わたし・・・幸せになります!!!!!(大胆予告)

 

さて、このとき高校の文化祭に誘ってくれた友達には本当に本当に感謝です。

今もこのブログを読んでいることでしょう(笑)

君がいなかったら今の自分は確実にいないだろうと思うよ。

どうなってたんだろうね?

想像すると一緒に見たホラー映画の「予言」「感染」並にこわいよ!

深い意味なんて一切なくお母さんかなんかに「ももちゃんも誘ってあげなさいよ」って言われたとか

そんなことだろうと思うけどいいんだそんなことは。(笑)

 

高校見学に何度も何度も付き合ってくれた母にも大感謝!!

10校くらい見たよね?!もっと見たかな?!

めっちゃ疲れたよね~。でもおかげで納得いく選択ができたよ。ありがとう。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは~!今日もブログを読んでくださりありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。28はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編  あとがき 「いろんな人がいる」「うるさい」この2つがわたしがこの高校に対して感じた第一印象でした ...

みなさまこんにちは~!

今日もブログを読んでくださりありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。28

はじめから読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

 

 

あとがき

 

「いろんな人がいる」

「うるさい」

この2つがわたしがこの高校に対して感じた第一印象でした。

 

とにかく、やかましさにビックリしました!!(笑)

いや、中学でもうるさい子はいたけど、なんていうかみんながうるさくて!!(笑)

 

偏差値が高い高校だというのは事前に調べて知っていたので、

このひとたちが本当に頭良いの?!!?とビックリしました(失礼の極み)

 

ふふ…なんだか懐かしい(^ω^)

つづきます。

 

みなさまこんにちは!今日もブログに足を運んでくださってありがとうございます。ついに30話になりました!!今まで続き物書いたことなかったし書けないと思ってたけどこうして続けられるのは読んでくださる方がいらっしゃるからです。ありがたいです・・・。前の話⇒自分の ...

みなさまこんにちは!

今日もブログに足を運んでくださってありがとうございます。

ついに30話になりました!!

今まで続き物書いたことなかったし書けないと思ってたけど

こうして続けられるのは読んでくださる方がいらっしゃるからです。

ありがたいです・・・。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。29

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

近所に住む友人に誘われてとある高校の文化祭にやってきたわたし。

その生徒たちのにぎやかさに呆気にとられた。

 

あとがき

以前、嫌なことがあると家で泣きながらマンガを描いたと書きましたが、

学校では決してマンガは描きませんでした。

だって笑われるんですもん。「変な絵描いてる」って言われるんですもん。

キャラクターっぽい絵とか、ディズニーの絵を描いたりはしました。

でも、本当に描きたい絵・・・アニメやマンガの絵は学校では描きませんでした。

 

なのでこの看板にはビックリしました。

「そんな堂々と描いちゃって大丈夫なの?」

とドキっとしたんです。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。30最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ近所の友達に付いてやってきた文化祭で、アニメ系のイラスト看板に目をとめたわたし。  ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。30

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

近所の友達に付いてやってきた文化祭で、

アニメ系のイラスト看板に目をとめたわたし。

 

あとがき

「小学生?」と聞いてきたこの先輩のことをわたしは絶対に責められません。

なぜかというと、わたしもこの先輩を見て

「ギャルっぽいひとだな。タイプが合わないな」

と決めつけていたからです。

いや、もっと言うと「話通じなさそう」「怖い」くらい感じてしまっていました。

まぎれもなく偏見です。

今までわたしが出会ったギャルっぽい子はみんなそうだったんです。

でも、この先輩は、なにかちがうなぁと感じました。

 

つづきます。

 

みなさま、こんにちは~!今日もブログに足を運んでくださってありがとうございます。関係ないけど「32」という数字はわたしの一番好きな数字です。関係ない話おわり。(早)(なんでその話した)前の話⇒自分の人生が嫌いでした。31最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした ...

みなさま、こんにちは~!

今日もブログに足を運んでくださってありがとうございます。

関係ないけど「32」という数字はわたしの一番好きな数字です。

関係ない話おわり。(早)(なんでその話した)

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。31

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

文化祭の進路相談を受けることにしたわたし。

先輩はわたしのことを小学生と勘違いして、そのことについて全力で謝ってくれた。

あとがき

たくさんの高校に足を運びましたが、こんなに自分の高校の話を楽しそうにしていた生徒さんは

見たことありませんでした。

本当に学校や友達が大好きなんだなぁと感じたことを覚えています。

この進路相談室も、先生からやれ、と言われているものではなく

生徒たちで「次に入ってくる子たちが安心して高校に入れるように!」と開設したものが

ずーーーーーっと代々続いているとのことでした。

相談を受ける生徒も全員有志で集まっていて、クラスや部活の出し物の担当の合間を縫って

シフトを組んで回していると。

第一印象で「ギャルっぽい」と決めつけてしまったこの先輩の中身は、

すごく母校愛にあふれていて、友達思いで、一生懸命で、頑張り屋の人でした。

 

この先輩は確か2年生でしたが、このときのわたしは

たった2年後に、こんなに生き生きとした高校生になんて絶対なれない、と思っていました。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます!!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。32最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ友達に付いてきた文化祭で先輩に進路相談をしているわたし。学校や友達について楽しそ ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。32

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

友達に付いてきた文化祭で先輩に進路相談をしているわたし。

学校や友達について楽しそうに話す先輩はすごく魅力的だった。

 

 

あとがき

先輩が連れてきてくれたのは、

ちょっとぽっちゃりしていて、メガネをかけた先輩でした。

正直、わたしと同じように、コスメや美容に興味がなさそうなタイプに見えました。

ギャル風の先輩と楽しそうに話す姿は、不思議な光景でした。

 

つづきます。

 みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。33最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ文化祭の進路相談中、アニメっぽいイラストの看板を描いた人を連れてきてくれた先輩。 ...

 

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。33

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

文化祭の進路相談中、アニメっぽいイラストの看板を描いた人を連れてきてくれた先輩。

派手な見た目の先輩とメガネの先輩が楽しそうに話すさまはとても不思議な光景でした。

 

 

あとがき

見た目や趣味がクラスの大半の人と違うだけで「変」と笑われた小中時代。

そんな日々の中で、気付かないうちにわたし自身も人を見た目で判断する人間になってしまっていました。

1枚目の「見た目がオタク系だとクラスで浮く」という価値観、

気分を害された方もいらっしゃると思います。ごめんなさい。

このときのわたしは狭い世界しか知らない、本当に馬鹿なヤツだったと思います。

今はそんなことまったく思いません。好きなことがある人は本当に素敵です。

 

自分の好きなことや趣味を全力で肯定してもらえたことが

ほんとうにほんとうにうれしくて、

いろんな個性を持った生徒が集まり、

それぞれの個性を認め合えるこの学校が一気に大好きになりました。

 

ちなみに、そこまで絵に拘るなら絵の学校に行けば良かったじゃん!

そしたら誰も否定しないのに!

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

わたしは実はこのとき小学校の教師を目指していたのです。

結局ならなかったけど(笑)

だからこのときは絵の道に進むことは考えてませんでした。

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは~!今日もブログを読んでくださってありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。34最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ友達に連れて行ってもらった高校の文化祭で、どんな個性も認め合う校風に心を持って行 ...

みなさまこんにちは~!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。34

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

友達に連れて行ってもらった高校の文化祭で、

どんな個性も認め合う校風に心を持って行かれたわたし。

あとがき

 

目標が見つかったときの、靄が晴れて道が拓けるような感覚は忘れられません!

この時点では、「受からなかったらどうしよう」どころか受かる可能性の方が俄然低かったんですけどね^^;

 

今までやこれからの話で、この高校かな?とお分かりになる方がいらっしゃるかもしれませんが

インスタで他の方にわかるような形でコメントされることはお控えくださいませ…!

 

つづきます。

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます!前の話⇒自分の人生が嫌いでした。35最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1本編 あとがき部活をやっていたときはとても塾に通う時間がなかったので、部活がテスト休み期間に入ったら必死に勉 ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます!

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。35

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

本編

 

あとがき

部活をやっていたときはとても塾に通う時間がなかったので、

部活がテスト休み期間に入ったら必死に勉強していました。

テストではそこそこの点を取れていたので学校の成績は悪くなかったけど、

覚えたことはすぐに忘れてしまうタイプなので、高校入試の問題をためしに解いてみると「???」でした。

国語はまだ良いのですが、

数学がほんとうに苦手で・・・

塾の時間を増やして、毎日必死に勉強しました。

嫌がらせやめんどくさいことは最後までちょいちょいありました(笑)

イジメ!って感じじゃないんですけどね。中学生ってなんかめんどくさいこと多くないですか?(笑)

 

つづきます。

 

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでくださってありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。36最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ志望校は決まったものの、偏差値が高く自分の実力では合格することができなさそうという ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでくださってありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。36

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

志望校は決まったものの、偏差値が高く

自分の実力では合格することができなさそうということがわかり、へこむわたし。

 

あとがき

 

一緒に勉強する友達がいると、こういうところがいいんでしょうね。

わたしにそんな友達がいなかったことは、母はもちろんお見通しでした。

だからこそ、こうして時間を削って、やりたくもないだろうドリルに付き合ってくれたんだと思います。

今思うと・・・3人の育児(育児と言っても、みんなこのころには立派に学生ですが笑)と家事をやりつつ、娘の高校受験の勉強に付き合うって、すっごく大変だったろうと思うんです。

それをたまにではなく、本当に毎日欠かさず隣で勉強してくれた母。

母には頭が上がらないですね!

そろそろまたどこか連れていってあげたいものだなぁ・・・。

 

このドリルについて、詳しい名前は忘れてしまったのですが、

3分くらいの中長文をまずはCDで聴いて、

聴いたままをノートに書き写し、流れてくるいくつかの質問を聴き英語で答えを書き・・・

ってスタイルでした。

いろんな勉強法があるけど、これがわたしには合っていたようで、

耳もよくなりましたし、熟語や単語もすんなり覚えられました!!

 

つづきます。

 

みなさま、こんにちは~!今日もブログを読んでいただいてありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。37最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ勉強漬けの日々で、母の助けも借りつつ少しずつ偏差値をあげていったわたし。しかし ...

みなさま、こんにちは~!

今日もブログを読んでいただいてありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。37

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

勉強漬けの日々で、母の助けも借りつつ少しずつ偏差値をあげていったわたし。

しかし、まずは推薦入試が待っている!

 

あとがき

 

推薦ね、実は、すごくすごく全力で臨んでいたんです。(みんなそうだと思いますが笑)

インスタでは「落ちた~!当然か~!ギャピ~!」みたいなノリでしたが。

一般で受かる気がどうしてもしなくて、そうなると推薦しかなくて、

幸い内申点も悪くないし、ここで決めたい!と思ってたんですがね・・・。

 

あ、あっさり「落ちた」って書いちゃった。(笑)

ネタバレ予告すみません(;▽;)

 

以下おふざけ↓

 

面接で失敗してしまったわたし!

でももしかしたら受かってるかもしれないじゃない!

気をしっかり持つのよ!わたし!

次回!

「もも落ちる」

デュエル、スタンバイ!

 

 

みなさまこんにちは!今日もブログを見てくださりありがとうございます。前の話⇒自分の人生が嫌いでした。38最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1 本編ちょっとだけあらすじ推薦試験で大失敗をかましたわたし。そして合格発表当日・・・。(左から、友母・友・わたし ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを見てくださりありがとうございます。

前の話⇒自分の人生が嫌いでした。38

最初から読む⇒自分の人生が嫌いでした。1

 

本編

ちょっとだけあらすじ

推薦試験で大失敗をかましたわたし。

そして合格発表当日・・・。

(左から、友母・友・わたし・わたし母)

あとがき

 

友達と一緒に発表見に行くのはおすすめしません(笑)

このときの気まずい人ランキングは、

1位 友母 2位 友達 3位 母 4位 わたし だったと思います。(笑)

わたしよりも他の人がほんとうに気まずそうで申し訳なかったです(;;)

 

いよいよ一般しかなくなってしまった・・・

追い込まれるわたしに、「泣かないで!」の声。

 

つづきます。