人生は楽しい~momoの激しく時に穏やかな日常~

いつもどこでも何かしらやらかしてます。 恥と失敗にまみれた人生ですが、ネタにしちゃえばオールオッケー! どんな状況もポジティブに楽しむわたしの日常絵日記です。

タグ:仕事

みなさまこんにちは!前回の話 がんばらない働き方【上】 のつづきです! できない!振られた仕事はなんでも引き受けて働いていたわたしだけど、ある日忙しすぎてとても手が回らず、注文処理が追いつかないときがあった。「できない」と判断したわたしは、めちゃくちゃ嫌 ...

みなさまこんにちは!

前回の話 がんばらない働き方【上】 のつづきです!

 

できない!

振られた仕事はなんでも引き受けて働いていたわたしだけど、

ある日忙しすぎてとても手が回らず、注文処理が追いつかないときがあった。

「できない」と判断したわたしは、

めちゃくちゃ嫌だったけど、恥をしのんでとある会社の注文書を前担当していた先輩に手伝ってもらうことにした。

 

他の注文処理もあるのでその場は

「先輩も忙しいのに本当にすみません!ありがとうございます!」

程度にとどめてまた仕事に戻った。

 

そしてその日の注文処理が終わった瞬間のしかかってくるのは罪悪感と自己嫌悪・・・

自分の仕事を人に押し付けてしまった~~、

できないやつだと思われただろうか、、

恥ずかしい、、、

 

凹んでいたとき、先ほど仕事を引き受けてくれた先輩から社内メールが届いた。

メールを開いた私は目が点に。

えっ

 

ええ、、、

 

ええええええ~~~~~~~~!?!?!

 

張りつめてた心がガーンと緩まって目から水が。

 

「できます!」「やります!」って引き受けた仕事について、

最初は「頼りになるな~」「できる?すごいね!」って言われてたけど

実はもうこのときは「百田はなんでも引き受けるやつ」という認定がされていて

当たり前のように仕事をぽいぽい振られるようになっていた。

↑言ってほしかったけどすでに誰にも言われなくなっていた言葉たち

 

褒めてもらいたくて、自分の価値を認めてもらいたくて、まわりからデキる人と思われたくて一生懸命やっていたけど

社会人ってそう褒めてもらえるものじゃないし、実は全然カッコよくなくて周りからは心配されてたんだ。

 

自分が理想としていた周りからの評価と現実の違いに気付いて、ショックでもあり、

「できない」って言っていいんだと安心もした。

 

確かに考えてみれば自分だって、休み時間なく働いている人を見たら「すごい!カッコイイ!」よりもまず心配な気持ちの方が大きい。

褒められるのはそりゃ嬉しいけど、褒められる前提で仕事してちゃいけないな。

 

こうなるともう身を削って働くことの意味もよくわからない。

がんばらないようにしよう、とはじめて思った。

 

それから

上司に「業務の負担を少し減らしてほしい」と頼んだところ、思っていたよりもあっさり引き受けてもらえた。

 

昼休みを取れず席でウイダー飲みながら働くこともなくなった。

 

仕事を減らしたら周りの人から冷たい目で見られるんじゃないかとビビっていたけど、

わたしへの態度や評価が変わったりすることは全然なかった。

 

なんだ、こんなもんだったのかと思った。

 

頑張って頑張って頑張っても、周りからものすごく感謝されることもない。

最初は褒められたとしても、すぐに当たり前になって、何も思われなくなる。

身近な先輩には心配をかける。

 

身を粉にして働く必要ないじゃん!

 

仕事に関してはいろいろな考え方があると思うのでこの考え方がすべてとは思いませんが、

わたしはこのときにこう感じたのです。

 

あとがき

 

誰かが苦しむくらいなら、自分が・・って仕事を引き受けちゃう方はすごくやさしい方。

でも、頑張って頑張ってついに体調にまで支障をきたすようになっても、

多分ほとんどの人が「わたしたちが仕事振りすぎちゃったせいだね」って言ってくれない。

「自分の体調管理の問題!」って言われてしまう。社会ってそういうところです。

 

もっとわたしの話をしちゃうと、この会社、結局退職することになるのですが

上司から「よく尽くしてくれたね」的な言葉はありませんでした←当然…?

「あっそーわかったじゃーね」くらいのノリで、あ~わたしはこの人のために身を削ってたのかあ~と思って

一生懸命だったころのわたしがますます不憫に思えました。笑

 

会社のために尽くして体を壊しても、会社は何もしてくれない。

本当にこれです。

今頑張りすぎてるかも…と思った方はぜひ身近な先輩や上司に相談してみてください。

「いやいや仕事減らすとか無理だから!」って言われたら、転職や休職も視野に入れて、逃げましょう!

心身の健康を害したら治すのがとても大変。

ちょっとでも危険信号を感じたら逃げるのです!

 

わたしがこう考えるようになったきっかけになった先輩のメールは今でも忘れられません。

わたしも先輩ももうこの会社にいないけど(笑)、

優しい先輩たちに会えたって意味ではいい会社だったな~と思います。

 

文章多めでしたが読んでくださってありがとうございました!

みなさまこんにちは!今日もブログを読んでいただきありがとうございます(^▽^)突然ですが今働かれているみなさま、、、今の働き方に満足してますか???(ドンッ!) 仕事内容とか人間関係とか給料とか待遇とか福利厚生とかいろっいろ悩まれている方、たくさんいらっし ...

みなさまこんにちは!

今日もブログを読んでいただきありがとうございます(^▽^)

突然ですが今働かれているみなさま、、、

今の働き方に満足してますか???(ドンッ!)

 

仕事内容とか人間関係とか給料とか待遇とか福利厚生とか

いろっいろ悩まれている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか、、

今回は、わたしが新卒で入社した会社で「働くこと」に関しての意識が変わった話をしようと思います。

「身を削って働いている…」「自分ばっかり頑張ってる!」って人に特に読んでほしい!

 

新卒で入社した某メーカーにて

 

就活に苦しんで苦しんで、やっとこさ引っかかった某メーカーの営業事務職。

営業と事務がチームになって、自分の担当顧客分の注文処理、見積書の対応、納期調整などはばひろ~く処理するのがわたしの仕事だった。

自分で言うのもアレだけど、入社してからわたしはずっと、がんばっていた。

もともとが、頼られると嬉しくなってなんでも応えようとする性分なのと新卒のハイテンションが相まって、

「できる?」と振られた仕事に対し「できません」と言うことは恥ずかしいと思っていて

なんでも「できます!」「やります!」と答えていた。

 

仕事を引き受けすぎて休み時間をちゃんと取ることができないときもあったけど、嫌では無かった。

その当時のわたしの脳内はこんな感じ

とにかく、「たくさんの仕事を引き受けて多少身を削っても頑張るのがカッコイイ社会人」だと思っていた。

 

担当の顧客が増えるたびに、同期に対しては「また増えたよ~最悪~今日も残業確定だ~」とか言いながら

内心ではほくそ笑むというミサワのようなタイプだった。

 

退職する先輩が受け持っていた顧客もどんどん引き継ぎ、

上司の「お前がいてくれてよかったよ~」という言葉に酔いしれた。

 

深夜まで残業したり休日出勤することは無かったけど、事務職の中では帰るのは遅い方だったと思う。

そんな日々が続いたある日、唐突にそれはやってきた。

 

そう、繁忙・・・!

 

今まではバカスカ仕事を引き受けてもなんとかこなせる量だったが、

繁忙シーズンになるとどの会社からも注文や見積もり依頼が殺到して、それにともなう問合せの電話も激増する。

その日は朝から机に置かれたFAXの量に呆然とし、それでもなんとかやらなくちゃと冷や汗をかきながら仕事した。

しかし

肝心の注文処理まで手が回らないほどの問い合わせの量・・・

せまりくるタイムリミット・・・(注文処理の締め時間)

 

 

このとき、はじめて「できない」とハッキリ自覚しました。

 

つづきます。

 

あとがき

苦しんで苦しんで苦しみ抜いた就活の話、

結局入社した会社を悩みながら退職した話、

転職活動の話、、、

いろいろ書きたいことが多すぎるなぁ~!

まあ、時間はたっぷりあるから、ゆっくりひとつずつ書いていこう。(^ω^)